1. TOP
  2. 占いの種類一覧
  3. 絵柄が真実を語ってくれる『タロットカード』

絵柄が真実を語ってくれる『タロットカード』

占いの種類一覧 この記事は約 3 分で読めます。 66 Views

「占いが好き!」と叫ぶ女子の中に、タロットカードを知らない人は
いないと言っても過言ではありません。

タロットカードは15世紀にイタリアで誕生しました。
当初はゲーム用のカードとして作られたと言われています。
その後変化を経て、18世紀頃に入ると今のような、
いわゆるタロット占いのできる形へとなっていきました。
長い年月を経た今でも、その人気は衰えをみせません。
過去・現在・未来、相手の気持ち、問題の対策までカードに現れるので、
実に頼りになる占いとして用いられてきたという歴史があります。

好きな人の気持ちや、今後何が起こるかなど、
不思議とカードが示してくれる内容には
「あぁ、そうかもしれない」
「へぇ!! なるほど!」
なんてうなづける点が多いのも不思議です。

そんなタロットカードは、
22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの合計78枚から成り立ち、
このカードセットのことを「デッキ」と呼びます。

小アルカナには、0~XXIまでのカードがあって、
戦車や恋人、月、太陽などそれぞれ印象的な絵柄が並びます。

小アルカナは
「ワンド(棒)」「カップ(聖杯)」「コイン(金貨)」「ソード(剣)」
といった4つの組(スート)をもとにして10枚の数字と
王、騎士など4枚の人物が描かれています。

タロットの基礎では、枚数の少ない大アルカナだけでも十分占うことができます。
絵柄も眺めていればなんとなくイメージがわくため、
初心者でも理解しやすいという事もあるかもしれません。

気になる各カードの意味ですが、定義づけされてはいるものの、
1枚1枚にとても深さがあります。
大アルカナの一部を紹介すると…

0「愚者」:直感・期待・変幻・可能性・始まり
7「恋人」:選択・決定する・恋愛・結婚・交際の始まり・幸運到来
11「運命の輪」:運命・幸運・宿命・好転・事態の展開
14「死神」:仕切りなおし・損失・終末・急変・終止符
16「悪魔」:嫉妬・欲望・誘惑・悪意・盲目・悪循環
20「太陽」:達成・成就・魅力・結婚・満足・信頼

これは正位置をもとにした解説。
逆さまに出ると意味合いも変わってきます。

これらのカードを使って、
カードを並べ展開させることをスプレッドと呼びます。
このスプレッドもさまざまで、
1枚でおみくじのように引くワンカードから、
結果と対策を見るツーカード、
より具体的に状況や気持ちを見ていくヘキサグラムなど多岐に渡ります。

タロットの魅力は、神秘的なのはもちろんのこと、
それぞれに描かれた美しい絵柄ですよね。
懐かしく歴史を感じる人物の描写であったり、
猫などの動物や花などの植物、果物などのユニークな絵画や
アールヌーヴォーなど芸術的なものも。
絵柄に魅了されて、カードデッキごとコレクションする人もいるほどです。

これらカードの絵柄から受けるインスピレーションはとても大事です。
自分で占いをする場合は、世界中にあるタロットの中から、
ピンとくる、どこか惹かれる…など
波長の合うカード(デッキ)を楽しみながら見つけてください。

\ SNSでシェアしよう! /

【電話占い体験談】(無料 口コミ)当たる占いは何処?相性 恋愛 復縁の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【電話占い体験談】(無料 口コミ)当たる占いは何処?相性 恋愛 復縁の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 嘘偽りのない自分が見た情報だけを頼りに『夢解き・夢診断』

  • 手のシワを増やせば今ある運勢も変えられる『手相』

  • 鑑定士とチャンネルの周波数が合えば鬼に金棒『霊感・霊視』

  • なんとなく掴んだのに明確な答えが現れる『ルーン』

  • 今さら聞けない『四柱推命』

  • 事前に必要なのは生年月日だけ!『九星気学』