1. TOP
  2. 占いの種類一覧
  3. 道しるべを見つけてくれる『ダウジング』

道しるべを見つけてくれる『ダウジング』

占いの種類一覧 この記事は約 3 分で読めます。 24 Views

4000年以上も前から宝探しや水脈、鉱脈のありかを見つけるために役立てられたダウジング。
その的中率は高く、占いや物事の選択肢で迷ったときなどにも用いられるようになりました。

むかしむかし…の話ではなく、現代でも地雷の場所を探り当てたり、考古学の探索、
スピリチュアルな場面では行方不明者を捜索するために用いられたり
世界各国でで大いに役立っているんです。

探し物をする場面では、振り子や棒を持ちながら歩き回ります。
「ここだ!」というところに来ると、その信号は腕の筋肉に伝わり
棒が左右に分かれて開いたり、震えたりと合図をくれます。

“振り子や棒”とは、具体的にはL字やY字に曲がった鉄の棒(ロッド)か
パワーストーンなどでできたペンデュラムと呼ばれるもの。
細い鎖の先に天然石などがついている、きっと占いが好きなら
見かけたことがある人も多いかもしれません。

占いでは主にこのペンデュラムを使用します。

ダウジングをする人をダウザーと呼び、このダウザーは質問について
方向やキーワードが書かれた盤の上で念じながら、ペンデュラムが動くのを待ちます。
回ったり前後左右に揺れることで示された位置や場所に注目して結果を出します。

またはパワーストーンなど、複数あるものの中から
自分や相談者に合ったものを1つ選ぶときには
このペンデュラムがより波長の合うものを教えてくれるのです。

つまり自分や相談者に必要なものを「これだよ」と教えてくれる。
「波動」や「気」が示す不思議で便利な方法なんですね。

ダウジングを占いに用いると、相手の気持ち、YESかNOか、場所、方向性などがわかり
自分自身でダウジングをすれば本当の自分について知ることができるともいわれています。
潜在意識を知る手段として使えるんですね。

質問の一例は、
「今日履いていく靴はブルーでよいか」という日常的なものから、
「この品物を買ってもよいか」という迷った時の相談、
「この選択は自分にとって幸せをもたらすか」とYESかNOを聞くという方法です。
この時、潜在意識の中ではすでに答えがわかっているとされ、
潜在意識に問いかけることでより良い選択ができる。
これがダウジングの魅力と効果でもあります。

しっかりと厳密にダウジングをするためには、細かなルールや方法がありますが、
回転と前後左右の揺れでそれを判断するものと理解すればOK。
始める前にYESの時はどう動くかなどペンデュラムにインプットさせる
という上級テクニックもあります。

使用するペンデュラムは、パワーストーンで作られていたり
真鍮素材でメッキ加工されていないものが望ましいとされています。
また自然素材の木でできたものもあります。

パワーストーン素材を選ぶ場合は、ローズクォーツやクリスタル、
アメジストが扱いやすいとされています。
大事に持ち歩くことでお守りや自身のヒーリングにも使用することができます。

どんな素材でも、自分だけのものを選ぶという目的から
見た目や持った感じが「しっくりくる」「なんかいい感じ」と思えることが大事。
そんなペンデュラムが、この瞬間もあなたの味方になるために待っているかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

【電話占い体験談】(無料 口コミ)当たる占いは何処?相性 恋愛 復縁の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【電話占い体験談】(無料 口コミ)当たる占いは何処?相性 恋愛 復縁の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • なんとなく掴んだのに明確な答えが現れる『ルーン』

  • 事前に必要なのは生年月日だけ!『九星気学』

  • 手のシワを増やせば今ある運勢も変えられる『手相』

  • 嘘偽りのない自分が見た情報だけを頼りに『夢解き・夢診断』

  • 鑑定士とチャンネルの周波数が合えば鬼に金棒『霊感・霊視』

  • 絵柄が真実を語ってくれる『タロットカード』