1. TOP
  2. 占いの種類一覧
  3. 鑑定士とチャンネルの周波数が合えば鬼に金棒『霊感・霊視』

鑑定士とチャンネルの周波数が合えば鬼に金棒『霊感・霊視』

占いの種類一覧 この記事は約 3 分で読めます。 4 Views

手相やタロットカードは直観力で読み取っていくもの。
同じ直観でもアイテムを使わずに特別な能力と
より感性を研ぎ澄ませる占いの中に霊感・霊視があります。

“霊”といっても、いわゆるお化け、幽霊を見ているのとは違います。

相談者の守護霊との交信や周辺にあるイメージを読み取ったりすることで
より具体的に過去や未来を見ていく特殊な能力を必要とします。
そのため、誰にでもできる占いではないところも、非常に興味深いところ。

実際に悩みを相談する際に、
「これこれこういう状況で、相手はこんな人で、いついつこんなことが起こり…」
などと細かい状況説明などもほぼいりません。
それらがなくても分かってアドバイスできるのが、霊感・霊視の特徴です。

霊感とは、虫の知らせや眠るときに見る夢などの直観とはまた違って
相談者に関わる対象者の心の中や状況、対策など精神で読み取ることです。
“わかる”とはひらめきのこと。
頭や心に浮かぶ・感じると言った方がわかりやすいかもしれません。

その一方で霊視とは、より明確で鮮明に人の心や状況、
今後の見通し、解決策として何をしたらよいか、それをするとどんな風に変わっていくか。
霊能力の高い人が鑑定すれば、過去・未来はもちろん、人の容姿、
話の中に出てくる場所の様子などまでもが含まれます。
視界には入らないことまでも映像として見えてアドバイスできる能力が必要です。

これらが扱えるのは、霊能者や霊能力者と呼ばれる人です。
一般の、いわゆる素人が訓練で簡単にできることではない、特別なものです。
霊的な世界との交信をして、困っている人の助けになるよう導く。
これが本物の霊感・霊視占いです。

いたずらに怖がらせたり、極端なことをするようアドバイスするのは違います。
見えない世界が見えるということを勘違いし、鑑定士が必要以上に高圧的だったり、
相談者自身が依存してしまう可能性も考えると鑑定を受ける人にも理性が必要です。
占いは神秘的なものではありますが、実生活の困りごとには現実的に活かし
解決するための手段として、この方法を賢く利用したいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

【電話占い体験談】(無料 口コミ)当たる占いは何処?相性 恋愛 復縁の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【電話占い体験談】(無料 口コミ)当たる占いは何処?相性 恋愛 復縁の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 事前に必要なのは生年月日だけ!『九星気学』

  • 絵柄が真実を語ってくれる『タロットカード』

  • 高次の存在ってなんだろう『チャネリング』

  • 今さら聞けない『四柱推命』

  • 手のシワを増やせば今ある運勢も変えられる『手相』